So-net無料ブログ作成

「気にせずにはいられないフン害看板」の効果

田んぼに行く時の通り道の小学校前には、
ペットのフンの後始末についての注意喚起の看板が
2Mおき位にやたらある。

しかも、よくあるような文字だけで書いてある物とは違い
何とも愛嬌のあるイラスト付きなのが私の興味をそそるのだ。

そのイラストは、見渡すだけでも4種類あった。

ペット自身がフンの始末をアピール
101127_155525.JPG

ペット自身がフンを持ち帰ってアピール
101127_155347.JPG

ペットがフンをしたことを照れてアピール
101127_131724.JPG

中でも一番のお気に入りが次の写真。
ペットがフンをしたことを恥ずかしがる余り顔を隠してアピール!
101127_131901.JPG
いやぁ、私のツボをくすぐりますな~。
道路に貼ってあったものなのでイラストが
薄くなってしまっているのが非常に残念である。
ニュアンスが伝わるといいのだが・・・(笑)

それにしても、この辺りにフンが落ちているのを
そんなにたくさん見たことはないが、
これは看板の効果があってのことなのか?

気になって愛川町のHPを見てみると、
「犬のフン害が後を絶ちません!!」という
フン害による苦情が多数寄せられている旨の記事が
掲載されていた。
よっぽど困ってたくさん看板を作っているんだろう。

私が勝手に思うに、高圧的な文字だけの看板よりも
この「気にせずにはいられないイラスト付き看板」の
効果
は大いにあったに違いない[exclamation×2]
このイラストが無性に気になるのは私だけ[exclamation&question]

皆様も気にせずにはいられない「フン害看板」情報が
ありましたら、ぜひご一報を!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。